大事な車の傷は早めに修理業者へ

>

線上の傷や擦ってできてしまった傷

線のような傷ができてしまったら

先端がとがっているようなもので傷がついてしまった時、皆さんはどうされますか?
一度傷がついてしまったら、新車のように治す事は不可能に近いです。
線のようにできた傷は自分でも治せることがあるためどのくらいの傷なのか見極める必要があります。
この見極めを間違ってしまうと大変ですので、車の事に詳しくない方は、最初から修理業者に見てもらう方が良いでしょう。
修理の無料見積もりをしている業者もあるので安心して傷の具合を見てもらいましょう。
自分で治す事ができる人は、傷けし用品やタッチペンと呼ばれるペンタイプの塗料があります。
自分の車の車種から色を調べて同じ色の塗料で傷を塗りつぶすように治していきます。
傷が深すぎると修理業者に頼まないと治す事は出来ないでしょう。

何かに擦ってできた傷

線上の傷よりもすり傷の方が傷の範囲が広く、線上の傷よりも自分で治すのがとても大変です。
車の傷の中で最も多い傷のタイプなのですが、線上の傷と比べると傷の深さはないので塗ってしまえばわからないように思えるかもしれませんが、擦ってできた傷なので細かい傷が一杯あり、その傷の深さは様々で、塗料を塗ると不自然な凹凸ができてしまう事があります。
そしてぶつかった相手が塗料を塗っているものならば、相手側の塗料が付着してしまっている事もありるので、素人がただ塗料を塗って隠したとしても、逆に目立ってしまう事が多いので修理業者に任せるのが一番でしょう。
すり傷の場合、お金はかかってしまいますが、素人がやったものと、修理業者がやったものを比べると一目瞭然でわかるでしょう。