車の傷、ヘコミを放っておかないほうがいい理由

大事な車の傷は早めに修理業者へ

車に傷がついてしまったら

車を運転していると、注意していても避けられない飛び石。 他の車からの飛び石で、自分の車の窓が傷ついてしまった時にどうするべきでしょうか。 知っておけば被害が広がらずに済むガラスの傷について紹介していきましょう。 傷を最小限に抑えれば修理代も自己負担が減ること間違いなしです。...続きを読む

線上の傷や擦ってできてしまった傷

もし自分が載っている車に傷がついてしまったらあなたはどうしますか? お金をかけて自分で傷なおしの商品をお店で買って自分の知識、ネットの知識などで治してみた方が良いのか、それとも少しお金はかかってしまいますが修理業者に依頼した方が良いのか、どちらが正解なのでしょうか。 ...続きを読む

傷がついたらどうするのが一番良いのか

もしも自分が気に入っている愛車に傷がついてしまったら、あなたならどうしますか? 自分で見様見真似で治してみるのも良いのですが、どうやら修理業者に出した方が良いみたいです。 どうしてなのかもしもの時の為に、知っておきましょう。 そして傷を放置するのがどうしてよくないのか紹介しましょう。...続きを読む

おすすめリンク

車のウロコ取りとクエン酸

車のウロコ取りのクエン酸が実は効果的。家にあるもので対策できる方法をまとめました。

ガラスの傷の対処法とは

皆さんは自動車免許をお持ちでしょうか?
自動車はとても便利な乗り物で、歩いてはいけない場所にも簡単に行けます。
しかし時に車は凶器となり人を殺めてしまうかもしれないものでもあります。
もし事故を起こしてしまったら、全責任はハンドルを持った運転手に、降りかかります。
少しの気のゆるみで、人生がガラッと変わってしまうのです。
ハンドルを握るという事はそれだけ責任が重大だという事です。
そんな中、運転走行中に車をぶつけてしまってできた傷、停車中に走行中の車と接触し、できてしまった厄介な傷、いたずらで誰かにつけられてしまった傷、皆さんはどうするのが一番良いと思いますか?
大きな事故なら入っている保険を使うのが一番でしょう。
毎月支払っている保険料はその為にあるのですから、使えるものは使うべきでしょう。
しかし、いつついたか覚えていなかったり、自分の家の敷地内での運転で、例えば駐車の際に塀にぶつけてしまったりしたときにその傷を治さないでそのままにしている車をよく見かけたりしませんか?
そのままにしている人は様々な事情があると思いますので、簡単に車は傷がついたら治すべきとは言いずらいのですが、車の傷は治すのに越したことは無いでしょう。
それはなぜなのか、きちんとした理由があります。
どのような傷が付いたのかによっても、対処法は違ってきますので、素人の判断ではなくきちんと修理業者に見てもらうほうが良いでしょう。
素人が浅い知識で修理してしまうと、せっかく修理して治ったはずの傷が、取り返しのつかない事になってしまう事もあるのです。
では大事な車に傷がついてしまった時の対処法を考えていきましょう。